HOME > オルソケラトロジーについて > 治療の流れ

レンズが使用できるか検査

まず最初にオルソケラトロジーのレンズが使用できるか検査しなければなりません。このレンズを使用して視力が矯正できるか、使用できない眼の病気が無いかなど詳しい検査が行われます。角膜の状態や、角膜内皮の検査などを行ないます。検査当日には実際にレンズを装着し、どのくらい視力の矯正が得られるかを確かめ、今後どの治療方法が適しているか良く相談しましょう。

数ヶ月は調節が必要

適したレンズがあれば検査当日から使用することができます。近視の度合いにもよりますが、視力が安定するまで数ヶ月かかることが多いです。その間はレンズの調節を行なったり、希望の視力が得られているか定期的な検査を行なって治療を行います。夜間装着している間にレンズがズレてしまう場合は、レンズのデザインを変更してもらいましょう。

このページのトップに戻る