HOME > オルソケラトロジーについて > 治療に適さない方は?

弱い近視しか矯正できない

オルソケラトロジーは弱い近視の方の治療方法となります。強い近視の場合は矯正することが出来ません。近視が強くなればそれだけ角膜の癖を強く矯正しなければなりませんし、癖が付く度合いにも限度があります。近視が強い方が使用すると、レンズを外した後近視に戻る度合いが大きくなりやすいのです。レンズが使用できるかは、眼科医と良く相談の上利用してください。

夜間の視力の向上が得られにくい

オルソケラトロジーは就寝中にレンズを装着し角膜に癖を付けます。そのため、朝レンズを外してから時間が経てば経つほど、近視に戻ってしまいます。特に夜間車の運転をされる方は、夜間の視力向上が十分得られない可能性もあり注意してください。どちらかと言うと昼間の視力を上げる治療方法と判断されたほうが良いです。生活する上での支障はありませんが、夜間車の運転の仕事など特殊なお仕事の方は眼科医と良く相談しましょう。

このページのトップに戻る