HOME > オルソケラトロジーについて > オルソケラトロジーとは?

オルソケラトロジーとは?

オルソケラトロジーとは簡単に言うと、視力を矯正するコンタクトレンズのようなものです。昼間使用するのではなく、夜間寝るときに装着し角膜を矯正します。
角膜にレンズを装着するとカーブが角膜の表面が変化し、光の屈折が変わって視力が矯正されるというものです。近視や乱視の矯正が可能で、効果はレンズを装着している、一時的な間で、永久的なものではありません

視力効果の持続時間とは?

一般のコンタクトレンズとは異なり、中央部分に厚みがあり角膜に癖を付ける特殊なレンズを使用します。一晩レンズを装着すると、8時間〜36時間ほど視力矯正効果が得られます。装着を中止すれば数日程で視力は元通りになるため毎日継続して使い続ける必要があります。一時的な視力の向上に利用したり、昼間コンタクトレンズが使用できない方にも適している方法です。

このページのトップに戻る